歯周病という病気の知識

お口の中の病気というと、虫歯を思い浮かべる人が多いです。

本当に役に立つ渋谷の歯周病サイト利用者からとても評判です。

しかし、虫歯よりも歯を失う原因になっているのが、歯周病です。
日本では成人の8割が歯周病になっているデーターもあるほどです。歯周病は、痛みがないままに進行するために、自覚しない人が多いです。
一度かかってしまうと、自然に戻ることはなく、どんどん症状は進んでしまいます。



初期の頃は歯茎が腫れるだけですが、この状態を放置していくと、腫れはどんどん悪化していき、歯磨きの時に出血するなどの症状がでてきます。


それでも痛みはないので、ほとんどの人は放置してしまいます。最初は歯茎だけでに限られていた炎症が、進行すると骨まで起こります。
歯を支える骨が減っていくので、歯に問題がなくても、歯がグラグラしてきます。

いきなり動き出すわけではなく、少しずつなので、気づかない人が多いです。歯と歯の間にものがはさまったり、歯が浮いたような感じがすると、骨が減っていることが分かります。



骨がどんどん減っていくと、噛みにくくなるだけでなく、口臭や膿がでてくることもあります。
最終的には、グラグラした歯を支えきれなくなり、歯は自然に抜けてしまいます。歯周病は怖い病気ですので、予防することが大切になります。1本の歯だけ抜けるのではなく、お口全体に広がっていくので、気が付いたときには、入れ歯しか治療がなくなってしまうこともあります。歯の汚れが歯周病の原因なので、清潔にすることが第一です。