子供の歯は小児歯科で早めの観察と予防が重要

子供のころからきちんとした口腔管理を行っていくことで、永久歯になってから困ることが少なくなり、健康的で強い歯をつくり、大人になってから起きる問題を最小限に食い止めることが期待できます。

表参道の小児歯科の詳細情報を掲載しています。

まだ乳歯だから大丈夫だと放置すると、永久歯にも影響が出ることが多く、特に虫歯や歯並びは幼いころから注意深く観察し、治療に取り掛かる時期を見極めることがとても大切です。

小児歯科は子供の歯の状態に対して深い知識があり、歯並びの矯正をいつごろから始めればよいかや、虫歯を削るべきか経過観察で十分かなどを判断してもらうことができます。



指しゃぶりのクセなどがあると自然と歯並びが悪くなり、乱れた歯列は汚れもつきやすく、丁寧に歯磨きしないと虫歯や歯石の蓄積もみられるようになってきます。幼いうちから歯周病になる子供も増えているので、予防を行うことは不可欠です。
虫歯予防として、フッ素によるコーティングを実施しているクリニックもあります。



歯の質が強くなって虫歯ができにくくなり、毎日の歯磨きの際に、正しい磨き方と組み合わせることでより高い効果が期待できます。
小児歯科では治療を受けやすい工夫が行われていて、痛みを感じさせないために低濃度笑気を用いたり、注射が必要なときにも麻酔剤のゼリーを用いて刺す痛みを取り除いたり、注射器を子供に見せないように対処してくれるところもあります。

治療に親の同室が可能な小児歯科では子供も安心し、落ち着いて治療に望むことが可能です。