頭痛が治まらない人は頭痛外来へ。

頭痛がしたら、ほとんどの人は痛み止めを飲むでしょう。けれど、だいたい月に10回以上頭痛で痛み止めを飲むと、薬剤性の頭痛を引き起こしてしまうことがあります。これの原理についてはまだ分かっていませんが、確実にそうなることだけは分かっています。そのため、頭痛がひどく痛み止めを常用してる人は、頭痛外来かかるのが適切です。

頭痛と一口に言っても、偏頭痛から筋緊張性頭痛まで色々とあります。まずは頭痛外来に行くことで、自分がどの頭痛の種類なのかをきちんと把握する必要があります。それによって治療法も異なるからです。偏頭痛の場合には、予防薬を飲むことで頭痛を抑えることができますし、トリプタン系などとも言われる偏頭痛の薬もあるため、痛み止めを乱用する事もなくなります。

また筋緊張性頭痛の場合には、肩こりからきてる場合もありますので、そちらの治療も並行して行うことによって頭痛を少なくする事もできます。その二種類が混合されてる頭痛もあるようです。それらを見極めるためには、頭痛の専門家である頭痛外来外の医者に診てもらう事が必要です。また、頭痛はそれ以外の疾患が原因となってる場合があります。

例えば脳梗塞や脳腫瘍、脳出血などによって頭痛が引き起こされている事もあります。そのようなものが原因であった場合には、命にかかわる可能性もあります。頭痛外来ではそのようなものを調べる設備なども整っています。頭痛を「たかが頭痛」と思ってる人も多いかと思いますが、危険な病気を伴ってる場合もあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする