頭痛の治療と予防は頭痛外来へ

日本人の約40%が頭痛に悩んでいると言われています。「しばらくすれば症状が改善するから」と市販の鎮痛剤を飲んでやり過ごす人も少なくありませんが、それは対処療法のため同じ状況になったら再び頭痛が起こってしまう可能性があります。しかし、頭痛の中にも多くの種類があり場合によっては命に関わる頭痛のこともあるため、医師に適切な診断を行ってもらう方が安心です。また、自己判断で市販の鎮痛剤を服用することは症状が抑えられることはあるかもしれませんが適切な薬ではなく、頭痛になるそもそもの原因が悪化してしまうことにもなりかねません。

まずは病院で自分の頭痛がどんなものでどんな薬を飲めば改善されていくのかを知ることが重要です。頭痛の診療を受ける場合にはどの診療科に行けばいいか悩んでしまいますが、頭痛外来がある場合には頭痛外来を選択するのが一番です。頭痛外来はあらゆる頭痛の原因や検査、治療を行ってくれる診療科のため、頭痛以外の症状は軽微な場合には最適な診療科です。頭痛外来は神経内科や脳神経外科などの脳の診療の専門医や、ペインクリニック、精神科、内科など様々な専門の医師が行っています。

病院に行く際には自分の頭痛がどんな時にどのような頻度で起こり、どの場所にどんな痛みがあるのかをしっかりと伝えられるようにしましょう。検査で原因がわかる頭痛はあまり多くなく、自分がどのように頭痛を感じているのかを伝えることが重要なためです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする