表参道の内科で腸内フローラをリセットする腸内洗浄

表参道に、腸内洗浄のセラピーが受けられる内科があります。腸内洗浄というのは、大腸内に温水の滅菌水を高圧注入することで直腸から盲腸までの大腸全体の老廃物を一掃する医療セラピーです。腸内には、種類・数ともに膨大な細菌がいて、種類ごとに棲み分けをしています。その様子は、ちょうど花壇に種類ごとのお花が並べて植えられているのに似ていて腸内フローラと言われ健康雑誌などで話題です。

腸内の細菌には、大きく分けて善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいます。善玉菌は体にとって有益金ですが、悪玉菌は弊害をもたらす菌そして日和見菌は時により性質の変わる細菌です。腸内フローラにおいて、善玉菌が優勢であると便秘しにくいことをはじめ新陳代謝が活発に行われるなど体調を保つことができます。一方悪玉菌が優位だったり、日和見菌が悪玉菌化することが多いと便秘やガス溜まりによるお腹の膨満感、肥満などの原因です。

表参道の内科では、悪玉菌を減らし善玉菌優位の腸内フローラにするための方法のひとつとして腸内洗浄のセラピーを行っています。表参道の内科では熟練の看護師さんが腸内洗浄を行っていて、洗浄中は超トレーニングというお腹のマッサージで張り具合などを確認するので安心です。セラピーはプライバシー配慮した薄暗い照明の個室で受けられ、室内には専用のトイレもあります。表参道の内科で腸内洗浄を受けると、古い便や細菌群の死骸、ガスなどが腸の内壁から一気に排出されるので大変爽快です。

そしてセラピー後には善玉菌・悪玉菌ともに一掃されているので腸内フローラは更地の状態と言えます。この時に善玉菌を殖やすのに有効なサプリメントをうまく活用したり、食物繊維の多い食事を心がけることで善玉菌優勢の腸内フローラにすることが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする