表参道の内科には認知症に対応できるところがある

数は多くありませんが、表参道の内科には認知症に対応できるところがあります。物忘れ専門外来を持っている表参道の内科だったら、認知症の診察は可能です。認知症は急速に患者の数が増えており、この病気を疑った時にどこへ行けば良いか迷う場合があります。表参道の大きな総合病院に行くのも一つの方法です。

しかし大きな病院の場合は紹介状がないと治療代が高くなり、おまけに診察が終わるまで時間がかかってしまいます。まずはこのエリアにある内科のクリニックで、物忘れ外来を持っているところを探しましょう。内科の先生は、他の科の先生が持っていないスキルを身に付けています。それは薬の使い方で、いろいろな薬に精通しているので、その知識を生かして患者に合ったものを処方してくれます。

内科の先生が薬の知識が豊富なのには理由があります。いろいろな病気の人が来るので、それに対応するためにいろいろな種類の薬の使い方を覚えていきます。認知症の主な症状は物忘れですが、それ以外の症状もあります。例えば、不眠症に悩まされる人がいます。

脳の働きがおかしくなっているので、夜間に眠れないのです。眠れないで騒ぐ人もいます。このような場合だったら、この科の先生はこれまでの知識を生かして、眠れるようになる薬を処方します。物忘れ専門外来のあるところだったら、認知症と分かって後でも治療を受けられます。

この病気の治療のノウハウがあるので、それを生かして適した治療を行ってくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする