ストレスチェックは企業だけの問題ではない

近年、一定数以上の社員を抱える企業に対しては、メンタルヘルスの拡充の一環としてストレスチェックが義務付けられるようになっています。これは定期的に社員一人ひとりに対して面接を行い、その結果を国に報告しなければならないと言うものです。これは自身の健康状態などがチェックされるほか、総合的に問題が多い社員が特定されることから、1部の企業では他の用途に利用される危険性もあるので十分な注意が必要です。ストレスチェックを行った結果、雲台がある社員についてはさらに専門医の診断を仰ぐなど本人のストレスを軽減するための対策で責任をもって行うことも義務付けられています。

しかし現実的には社員数が膨大な企業においては一人一人について面談を行うことも時間的に非常に難しく、多くの人がストレスチェックを受けずに突然精神疾患を発症してしまうという例も異常に多くなることが予想されます。精神的疾患を発症してしまうと多くの時間がかかりまたその治療内容についてもなかなか的確なものが見つからないことも多いため、非常に長期的な問題となっています。そのためストレスチェックの結果を受け的確な判断と実行を行うことが必要であり、この点を考慮して本人のために良い環境での過ごし方を提案していくことが重要になります。全ての人がストレスチェックに対して自分の精神状態をしらしめる機会として受け入れることが多いのですが、環境によっては拒絶することも含めて総合的にリスクが少ないビジネスプランを立てることが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする