働く人にはストレスチェックが大切です

現代の日本の働く人たちは、非常に高いストレスに晒されています。忙しい仕事、遅くまでの残業、通勤電車や睡眠不足など、非常に負担がかかりますから無理も無いことです。実際、最近の企業での産業医の役目で、メンタルヘルス関連の仕事が多くなって来ています。これはある意味現代病とも言える現象です。

実際、企業では管理職に対するメンタルヘルスに関する講義を設けていますし、産業カウンセラーを呼ぶ企業も非常に多くなっています。また、インターネットなどのメンタルヘルス情報を掲載しているホームページなどは非常に多くの閲覧者がいます。これらのことから、労働者のメンタルヘルスの問題が、いかに深刻かが分かります。ところで、ストレスチェックが企業の義務になりました。

企業は従業員に対し、ストレスチェックを行い、結果を報告しなければならなくなっています。結果報告を怠ると、罰則を受けますので、経営者は注意をしなければなりません。しかし、確かにストレスチェックは企業の義務ではありますが、企業はストレスチェックを積極的に行い、働きやすい職場を企業は作るべきです。働く人たちは、自分の幸せのために働いていることを、企業は忘れてはなりません。

企業は働く場所でもありますが、それを通して人々は幸福になるべきです。ですから、経営者、労働者と共に、ストレスチェックなどを通して健康管理を積極的に行い、心身ともの健康を目指して、幸せな生活を手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする