会社員のストレスチェック制度の前向きな活用方法

ストレスチェック制度は、従業員が50名以上の事業者に義務化された、従業員のメンタルヘルスを向上させるための制度です。従業員としては、ストレスチェックを受けるか受けないかが選択ができますが、受けておくことのメリットが大きい制度と言えます。ストレスが多い状況下で働いている状況が長期間続いていると、仕事の失敗が度々起こるようになる傾向にあります。うつ病になる人は特に、失敗の原因がストレスとは思わず、自分を責める傾向にあり、冷静に自信を分析することが難しくなってきます。

そのような時にこそストレスチェックが有効です。結果が悪い場合「医師の面接を受けるように」と言われる場合もありますが、この面接の結果は会社に伝わります。会社に知られたくないという方もいるかもしれませんが、面接によって多くの方の気持ちが改善すると言われています。悩みや気持ちの落ち込みは、誰かに話すというだけでも、十分に楽になります。

実際、抑うつ的になる人は、友人や家族にも話せる方がいないことがほとんどです。また友人や家族の場合、良かれと思って本人を励ましてしまったり、本人を注意してしまったりして、かえって気持ちが落ちこんでしまう危険性もあります。医師は、ストレスが高い本人を注意するようなことはしません。客観的に分析し、かつ本人の立場に立ってストレスが軽減する方法を一緒に考えてくれますので、まずは助言を受けに面接をしてみましょう。

仮に、その医師が自分を尊重しないような態度をとっていると感じたら、別の医師にもかかってみてください。自分に合った医師は見つかってきますので、保健所や精神保健福祉センターへの、インターネットの口コミ情報などを活用して医療機関を探していってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする