ストレスチェックとはどんな制度?

現代社会では、誰もが常に何かしらのストレスを受けながら生活しています。特に、問題となるのが仕事上で受けるストレス。会社内や取引先との間での人間関係のこじれや、自分の能力を超える仕事量を抱えてしまうオーバーワークなどによって、仕事上で強いストレスを受けやすく、そのようなストレスに起因して体に不調をきたす人も増えています。また、従業員を雇う立場の経営者にとっても、従業員のストレス軽減は喫緊の課題です。

従業員が強いストレスを受けている状態で放置していると、体を壊して欠勤しがちになり、さらには長期休養をする羽目となって貴重な戦力を失うことになりかねません。このような現代のストレス状況に鑑み、近年、厚生労働省の主導によってストレスチェックという制度が企業で導入されることになりました。このストレスチェックは、従業員のストレスの状態を把握するために行われるもので、50人以上の従業員を抱える中規模の事業所に対して実施が義務づけられています。ストレスチェックでは、各従業員に対して質問表が配布されます。

この質問表には日々のストレスに関連する質問項目が列挙されており、従業員は現在感じているストレスの状態に応じて、それぞれの質問に答えていきます。回答された質問表は、医師などの医療関係者によって回収され、その回答内容に基づいて診断が行われます。この診断において高いストレスを受けている状態であると判定された人については医師との面談が実施され、今後のストレス軽減のためのアドバイスやサポートが行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする