誰もが受けてほしいストレスチェック

何かしらのストレスを抱えているのが現代人です。よって誰もがストレスチェックを受けた方が良いことになります。自分自身でストレスを感じていることがわかっているのであれば対処方法がありますが、そうではない人も多いです。そうなるとストレスを自覚することができず、無意識のまま蓄積をさせてしまい、身体に影響を与える可能性もあります。

そういう意味から見ても、ストレスチェックを受けることは有意義なことです。ただし誰でも受けることができる環境が日本ではまだ整っていません。義務化されることになりましたが、50人規模の従業員を抱えている企業にだけストレスチェックを実施する義務がありますが、従業員は受けなくても構いません。この点は健康診断とは違ったことになっており、従業員すべてがストレスチェックを受けることができる環境が整っていませんので、すべての人が可視化できる状態ではないです。

このような実態がありますので、まだ改善の余地がある制度となっています。それでも誰しもが何らかのかたちでストレスを感じており、それを数値化することができるのは有意義が制度になるでしょう。充実度がまだ足りていない現状がありますが、それでも従業員側が自覚をすることによって積極的に受けることで、メンタルケアへの対策を講じることができます。いままで見落としていた点になりますので、このストレスチェック制度は有意義な従業員を守る制度になるでしょう。

禁煙グッズ 口コミのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする