多汗症治療「マイクロウェーブ法」とは

多汗症とは局所的に、汗を過剰にかいてしまう症状の事を言います。精神的なストレスや緊張を感じると、汗をかきやすくなるようです。特に脇に汗をかきやすいという方の場合、汗ジミや体臭が気になるでしょう。制汗剤や汗取りパットなどでも対処できないという場合、多汗症治療を受けてみる事をおすすめします。

多汗症治療を受ける事によって、汗の悩みを解消できます。また、汗を大量にかくという悩みが無くなる事で、精神的なストレスからも解放されるでしょう。多汗症治療には色々な種類がありますが、最先端の治療として注目を集めているのが「マイクロウェーブ法」です。マイクロウェーブ法は電磁波によって、汗腺の機能を弱める治療法となっています。

電磁波を汗をかきやすい部分に照射すると、電磁波によって汗腺が破壊され汗をかきにくくなるのです。なぜ、電磁波で汗腺にダメージを与えられるのかというと、電磁波は水分に反応する性質がある為です。汗腺には水分となる汗が含まれているので、電磁波を照射すると汗腺のみに反応して、熱によるダメージを与えられます。汗が出にくくなるので、多汗症の悩みを軽減できます。

しかも、1度施術を受けると治療の効果は、半永久的に続く点も魅力です。熱といっても汗腺のみに電磁波は吸収され、皮膚や神経、血管といった他の組織にダメージを与えてしまうという事はありません。皮膚を切らずに汗腺に作用する多汗症治療として、マイクロウェーブ法は注目を集めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする