多汗症治療について。

暑いわけでも運動したわけでもないのに大量の汗が出てきてしまう、そんなときに疑わしいのが多汗症です。原因の多くが精神的ストレスだといわれている病気で、自宅でリラックスしていても、寝起きでも汗をかき始めるといったケースもある病気になります。これはストレスや緊張、不安などによって自律神経の交感神経が優位になっている状態で、交感神経が汗腺を刺激することによって活発化するためだと考えられています。多汗症治療には、さまざまな方法があります。

制汗剤して効果的なアルミや銀を含んだ金属イオンが配合された塗り薬やスプレーを使用したり、手足などの局所的な多汗症治療には過剰な汗を出す交感神経をブロックする方法、皮膚の手術をして汗腺自体を減らして汗の量を適切する、定期的に施術する必要がありますが、手足に電流刺激を与えることによって発汗を止めるイオントフォレーシスなどがあげられます。多汗症治療を行なう場合には、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなどが大きく関わっているとも考えられています。自律神経の乱れが大量の汗となってしまうため規則正しい生活やバランスの取れた食生活、交感神経を刺激してしまうタバコやコーヒーなどを控えることなども良いとされています。また、代謝異常や内部分泌異常、循環器、中枢神経の疾患などが原因で大量の汗が出てきてしまうことがあります。

多汗症は必ずしも精神的なストレスによって引き起こされる物ではないため、しっかり検査することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする