よく起こる水のトラブル

よく起こる水のトラブルは水漏れと配管パイプの詰まり、蛇口を捻っても水が出ないケースです。

水漏れはトイレと台所、浴室と洗濯機で起こりやすく、その原因はパッキンの経年劣化や水道管の接合部のゆるみ、ヒビが挙げられます。それぞれの場所で原因は異なっており、例えばトイレであれば配管パイプや接合部、タンク内が水漏れが起こる箇所です。台所ならシンクとその床下、浴室ならシャワーホースと水栓、洗濯機なら排水ホースと洗濯機自体が基本的な原因としてよく扱われています。配管パイプの詰まりはその構造上、工事をしなければ改善はせず、最悪、台所や浴室といった水を使用する場所の機能の麻痺と悪臭に悩まされる可能性が高いです。

配管パイプはその数が多く、自然と多い水のトラブルですが、その原因は汚れが蓄積しすぎた事に尽きます。汚水や雨水など流す目的は違うものの、それぞれの配管パイプに流れ込む泥やカスが詰まりの原因で、生活に大きな悪影響を及ぼします。水が出ないケースは水道が凍結してしまった事が考えられるものの、冬でもないのに出ない場合は真っ先に断水を疑うべきです。水道工事の際に断水が行われる事があるからですが、受水槽もしくはそのポンプが故障してしまった可能性も考えられます。他にも水道が古すぎて、蛇口を捻っても何も出ないケースも珍しくないです。こうした水のトラブルは、建築年数が古いマンションで起こりやすい事が共通点として挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *