水のトラブルの種類と原因

水のトラブルは、水漏れと詰まりが2大トラブルですが、水漏れ箇所は給水口と排水管がほとんどです。

給水口の水漏れは、ワッシャーやゴムパッキンが水道水に含まれる塩素や経年劣化によって硬化してしまい本来の機能を果たせなくなることで水のトラブルが発生するとされ、ワッシャーやゴムパッキンを取り替えることで解決できます。また、ワッシャーやゴムパッキンは、ホームセンターやインターネット通販で数十円程度で入手することも可能であり、DIYで自分で修理する人もいらっしゃいます。混合水栓は、ワッシャーやゴムパッキンがカートリッジと一体化していることが多くカートリッジを交換するだけで解決することができますが、カートリッジはワッシャーやゴムパッキンに比べてかなり高額です。排水管の水漏れは、排水管同士の接合部分に発生することが多くありますが、経年劣化によって排水管自体の破損やヒビ割れが原因で発生することもあります。

接合部分の緩みは、接合部分を繋ぎ止めるナットの締め直しで解決することができますが、排水管自体の破損やヒビ割れは排水管を交換する必要があるので専門の修理会社に依頼する人がほとんどです。現在では、24時間365日年中無休で即日対応してくれる修理会社がほとんどですが、車検や車の売買のように水のトラブルも一括見積もりが可能なので1番修理料金の安い修理会社やサービスの良い優良な修理会社を自分なりに見つけて依頼することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *