水道詰まりが起こりやすい理由とセルフ修理方法

一般家庭はもちろんのこと、学校や会社などでも必ず水道が敷設されています。

我々が生きるうえで水は欠かすことができなものであり、限られた個数の水道設備を多くの人々で共有する必要があります。そのため、必然的に水栓器具の使用頻度が高くなってトラブルも発生しやすくなるのが特徴と言えるでしょう。水栓器具のバルブを開放しているのに、水の流れが悪いという現象を経験された方はいませんか。これは水道詰まりというトラブルのひとつで、日本の水道設備では起こりやすいものです。

日本の場合、水栓器具から流れ出る水をそのまま飲料水にすることが可能です。これは浄水場から家庭等へ給水される前に塩素消毒をおこなっているからですが、この塩素によって水道詰まりが誘発されます。特に水栓器具内に水が溜まると塩素が結晶化するので、水道詰まりがおこった際は早急に修理をするのが望ましいです。

水道詰まりはセルフ修理をすることができ、ホームセンターやネット通販サイトで販売されている「ワイヤーブラシ」を購入すれば、10分程度の作業で完了します。修理をする際は給水栓を閉めてからプライヤーという工具を用いて水栓器具本体を取り外したのち、家庭用中性洗剤をワイヤーブラシの先端に含ませて掃除をしていきます。ブラシは約0.5mmの極細仕様となっているので、器具全体を掃除することが可能です。内部で結晶化している塩素を取り除けば、元通りの水量を確保することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *