つまりおよび漏れトイレトラブルの原因とは?

水が流れなくなる、もしくは流れが悪くなるつまり、そして便器に注ぎ込む水が止まらなくなる水漏れはトイレで起こりえるトラブルの一つです。

両者が同時におきることもあれば、いずれか片方だけでの場合もありますが、修理業者に依頼する前に原因をチェックすることで修理依頼をせずに自ら解決できることもあります。水漏れの中にはタンクレバーが元の状態に戻らずに流れ続けるもの、止水栓付近からにじむように水が湧き出て来るものなどがありますが、タンクから便器に流れる水が止まらなくなる原因はタンク内の故障が考えられます。

例えば、浮き球が外れてしまい給水が止まらなくなるとそのままではタンクから水が溢れてしまうので、タンク上側水位上部にオーバーフロー管があり、そこから水が流れる仕組みになります。止水栓からの水漏れはパッキンの劣化などが考えられるのですがトイレの止水栓は便器後方にあり、トイレに入ったときに床部分が濡れていることで気が付くケースが多いのです。

一方、トイレのつまりの場合は便器内で異物が水が流れるのを止めてしまっている、トイレットペーパーを一度にたくさん流すとつまりが起きることがあり、中でも長年使い続けている便器はこうしたトラブルが起こりやすいのです。なお、ペーパー類などによるつまりの時にはラバーカップで水圧を与えて異物を取り除く方法や掃除などにも便利な重曹を使うやり方などがあるので、業者に連絡する前に試すのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *