トイレのつまりと漏れの修繕法

トイレのトラブルとしてあげられるものがつまりと漏れになります。

修繕法については両社は異なる修繕法になり、まずつまりのほうから修繕をする場合、配管または便器の排水機構部分がつまっていることが多いため、こちらを除去する必要があり、使用する器具には排水ポンプを使用して水を排水し異物を取り出すことが望ましい処置です。異物さえ取り去ることができれば問題であるトイレのつまりは除去することが可能で、ご家庭でもホースなどの日用品でトイレの水さえ取り除くことができれば、異物を取り去る処置は可能です。次に漏れに関してはその多くは配管から持てることが多く、便器がヒビ割れ漏れることは稀です。

配管の場合はゆるみが発生していたり穴が開いているために水が漏れだしてしまうのですが対処法としては、配管を閉めなおす、穴が開いている場合は、配管用修繕パテにて修繕を図ります。なお配管に穴が開いてしまう要因ですが、配管の中に石が混ざることで穴が開いてしまうことがあり、要因としては水道工事などで異物が混入した場合、配管に穴が開くことが多いです。次に便器がヒビ割れてしまって水漏れが生じている場合は、便器のヒビを陶器用パテにて修繕することで問題を解決することが可能です。ただし、ヒビ割れが激しい場合、便器事態を交換するなどの処置をしなければ改善しないこともありますので、便器の損傷度合いによっては修繕をすることが不可能である場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *