対処法を知ればトイレのつまりや漏れが起きても安心

自宅の中でもトイレは、つまりや漏れといったトラブルが発生しやすい場所です。

トラブルが発生すると使うことができなくなり、パニックが起こる可能性もあります。場合によっては室内や階下の住民に迷惑をかけることにもなりかねません。と言ってもやり方さえ覚えてしまえば対処法は簡単です。万が一のために修理の手順を覚えておきましょう。トイレのつまりや漏れは、それぞれしまった原因で起こります。そのため症状を確認した上で原因を見極め、それぞれに適した対処法を実施するのが確実です。詰まっている場合には、すぐに流れずに溢れてくるといった現象が見られます。こうした状況ではさらに強引に流そうとすると便器からあふれて床を濡らす恐れがあるので、水を流すのではなく次の対処法を実行してください。

水が溜まっている部分に手を入れ、何かつまりの原因となっているものがないか確認します。使いすぎたトイレットペーパーやその芯、時には財布やメガネケースといった小物が落ちてることもあるので、それらを発見次第すぐに取り出すようにしてください。取り出した後は少しずつ水を流して様子を見ます。一気に流すとまだ詰まっている場合にあふれてしまうので気をつけてください。もう一つの水漏れに関しては、使われているゴムパッキンの劣化が原因であることがほとんどです。フタを開けて水がポタポタと垂れている場所を確認し、その付近にあるバルブ屋動作する部分に使われているゴムパッキンを新しいものに交換してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *