トイレのつまりや水漏れトラブルに対処する手順

毎日使うトイレは、つまりや水漏れなどのトラブルが起こると如実に生活に影響が出てしまいます。

何の前触れもなく起こることもあるので焦ってしまいますし、放置しておくのは臭いや衛生面で良くありません。業者に連絡をして修理してもらう前に、自分で対処出来る方法を把握しておきましょう。トイレにつまりや水漏れなどのトラブルが起きた場合、症状を確認し、原因を突き止めて解決作業をおこなうという3段階で考えると落ち着いて対処しやすいです。.トイレつまりが起きた場合、まずは症状を確認します。水が流れないのか、流れるが勢いが弱いのか、水を流す時に異音がするのか、水が逆流してくるのかなど状況によって対処方法が異なるので注意が必要です。

主な原因として考えられるのが、水溶性でないものや水に溶けにくい異物を流してしまったことが考えられます。物によっては時間が経ってから再度水を流すとつまりが解消している場合があります。異物によるつまりの解消には、ラバーカップや、バケツに入れたぬるま湯を注ぎ込む方法などがおすすめです。.水漏れが起きている場合、ひび割れなど問題のある箇所から水がしみ出てくるケースと、原因の箇所が判別できないけれど床が濡れているケースがあります。

原因として多いのが、トイレの接続部分の部品が経年劣化したことにより水漏れが発生しているケースです。この場合は、ホームセンターやメーカーなどから購入した部品を交換することで解消できます。便器のひび割れによるものや、取付不良による水漏れは、自分で対処するのは安全面から考えて難しいと言えるでしょう。融着テープやコーキング剤で応急処置をして、業者に依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *