毎日使うトイレのつまりと水漏れトラブルについて

トイレのトラブルは主に「つまり」と「水漏れ」がありますが、両方とも放置していてろくなことはありません。

不具合のある状態を放置していると衛生面に問題が出てきて、臭いや床のカビなどの原因にもなりますし、毎回流れないストレスや手間、無駄な水道料金の支払いなどが付き纏います。トイレのつまりも水漏れも、発生したからといってすぐに修理会社に来てもらう必要はありませんが、これは軽度の場合であって、つまりや水漏れの程度がひどい場合は速やかに修理会社に連絡をする必要があります。

軽度のつまりの場合、まずはラバーカップで対処します。ラバーカップが無ければぬるま湯を注いでしばらく様子をみてみましょう。ぬるま湯はトイレットペーパーや排泄物を溶かしてくれるので、塊が解消されて流れを復活させることができます。オムツやお掃除シートなどがつまった場合はお湯では難しいかもしれませんし、プラスチック製の小物はお湯で解消できません。また、奥の方でつまりを起こしている場合は自力で何とかすることはできないのでプロに任せましょう。

水漏れの場合はどこから漏れているのか確認し、あまりにたくさんの水量であれば止水栓を閉めます。部品を交換したくても、欲しいトイレ部品がホームセンターでは売っていないこともあるので、メーカーに連絡をする方が確実です。新しい部品を取り寄せて交換すると良いですが、生産が終了していることもあります。その場合は代替え品を案内してもらえますし、必要であれば修理スタッフの手配をしてくれるので問い合わせてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *