蛇口の水漏れの原因と対処すべきポイント

家の水回りの設備には様々な蛇口があります。

そして利用頻度の高いものほど、水漏れといったトラブルを引き起こしやすいと言えます。ハンドルやレバーを閉めても、吐水口の先からポタポタと水が滴り落ちる、蛇口を開くたびに接続部や根元からも水がチョロチョロと出てしまう等、こんな症状は典型的なケースです。もし家の水回りで蛇口の水漏れを見つけたら、できるだけ迅速に対処すべきでしょう。そのままにしておけば、他の正常な水道設備にまでダメージを与える上、余計な水道代も払い続けることになります。蛇口が水漏れする原因には色々ありますが、その多くはレバーやハンドル内部にあるケレップやバルブカートリッジ、そして接合部のパッキンの劣化が考えられます。また、単純に接続部のナットが緩んでいるケースも珍しくありません。

パーツ類の劣化によって水漏れするなら、該当するパーツを丸ごと交換する必要があります。パッキンの交換程度なら、素人の方でも比較的簡単に修理が可能かもしれません。しかし混合水栓のツーハンドルタイプや、吐水口とレバーが独立しているコンビネーションタイプのものは、構造も複雑。パーツの交換には専門的な知識や技術が必要な上、パーツの正しい選定も素人の方には難しいケースもあります。さらに作業手順を誤ると、床や壁といった建材を水浸しにしたり、給水管や給湯管を傷つけて、思わぬ大惨事を引き起こすことさえ考えられます。このようなリスクを避けるためにも、地域で実績豊富なプロの修理会社へ依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *