水道トラブルで多いつまり

水回りは何かとトラブルが発生しやすい場所ですが、特につまりは多く報告されています。

みずが流れなくなることや、流した水が逆流して困った経験を持つ人は多いのではないでしょうか。トイレは特につまりやすい場所ですが、その原因は間違った使い方によるところも少なくありません。一度に多くのトイレットペーパーを使用した場合や、携帯電話などの異物を落としたなどの例が多く伝えられています。このほかではティッシュペーパー、生理用品、お掃除シートを流したことでつまることも多くなっています。

基本的にはトイレットペーパー以外の物は流さないようにしましょう。もしもつまった場合も、軽度であればラバーカップなどで対応できることも多くなっていますので、落ち着いて行動しましょう。お風呂場でのトラブルでもつまりは多く報告されています。お風呂の場合は、髪の毛や皮脂、石鹸かすなどが原因となっていることが多いので、ゴミは流さずにできるだけ取り除くこと、清掃を怠らないことが大事です。

カミソリの刃やシャンプーボトルのキャップなどの異物を流すこともつまりの原因となるのでこちらも注意が必要です。お風呂のトラブルの場合もラバーカップが役立ちますので、髪の毛など余計なゴミを取り除いても解消できない場合は試してみましょう。パイプの中でつまっている場合はワイヤーブラシなどで汚れを取り除くこともおすすめです。パイプクリーナーもつまり解消に役立つので活用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *