水回り設備でつまりトラブルが発生した時の対応方法

家庭内の水回り設備機器には色々なものがあり、生活には無くてはならないものとなっています。

この水回り設備ではつまりのトラブルが発生する事があります。そんな時、どの様に対処すれば良いでしょうか?専門業者に修理依頼するが原則ですが、その前に自分で解消できないかを試してみても良い事と、避けた方が良い事について説明したいと思います。専門業者に修理依頼する前に、自分で試してみる価値があるものとして、以下の2点があります。一つはキッチンのつまりトラブルの場合です。何か異物を落とした事が原因ではなく、自然につまりが発生した場合、その原因は調理器具や食器の油分と、ゴミ除けを通過した細かい食材のカス等が絡み合い排水口をつまらせているケースが多いものです。

これに対しては、キッチン専用のクリーナーを排水口に流し込み、1時間程度法として、解消しないかを試しましょう。解消する事も少なくありません。もう一つは、トイレのつまりトラブルです。この場合には市販のラバーカップを排水口に押し付けたり、緩めたりを繰り返し、解消しないかを試してみましょう。排便の状態やトイレットペーパーを大量に流した事が原因の場合には、これで解消する事も少なくないのです。

以上の2つのケースは自分で試されると良い項目です。この方法は、2次被害を発生させたりする事がないので、専門業者に修理依頼する前に試しても良い事です。しかし以上の方法でも解消しない場合に、太い針金状のものを突っ込んだり、排水パイプを分解したりと言った事をされる方も居られますが、これは2次被害を発生させる恐れがあるので避けるべき事で、すぐに専門業者に修理依頼すべきです。つまりトラブルが生じた場合には、これを思い出されると参考になると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *