トイレのつまりトラブルが発生した時は

毎日必ず使用すると言っても過言ではないトイレですが、不意につまりトラブルが発生すると殆どの方は焦ってしまい、適切な対処が出来ない事があります。

つまりが発生する原因は色々とありますが、多いのはトイレットペーパーを大量に使用して流そうとした時に排水路を塞いでしまう事です。他にはトイレットペーパーではなく、水に溶けにくいティッシュペーパーを使用してもつまってしまいます。ティッシュペーパーだけでなくトイレ用のお掃除シートで便座を拭いた後にそのまま流す事も原因ですし、ポケットに入れていた携帯電話やメモ帳にボールペンなどを落としてしまう事も、結構多い原因です。

また小さいお子様が玩具を落とすなど本当に色々とありますが、つまりトラブルが発生したらまずはご自身で対処出来るか試してみます。対処方法も様々ある中で簡単に出来て案外効果があるのは、40~60度のお湯を流してみる事でつまったトイレットペーパーや排泄物が溶けやすくなり解消される事が多いです。他に一般的なのは通称「すっぽん」と呼ばれるラバーカップがあれば、排水路の入り口にカップを押し付けるようにしてから引っ張る動作を繰り返し、水流を作ってつまりを解消します。

ラバーカップが無い場合は大きめのペットボトルを使用して、同じ様に排水路の入り口にボトルの口を付けてからペットボトルのボディを押したり戻す事で水流を発生させるのも効果的です。ラバーカップ以上に効果的なのはパイプクリーナーで、吸引力が強いので携帯電話や水に溶けない物でも吸着して取り出す事が出来ます。しかしこう言ったつまり解消アイテムが無い場合やご自身での対処が無理だと判断した時は、トイレトラブル解消専門の会社に依頼すれば、迅速かつ確実に対応してくれるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *