修理が必要なトイレタンクの水漏れ

トイレの水漏れというと、タンク本体や給水管などから水が滴ってくるというイメージがあり、実際にタンクや給水管からの水漏れは多いのですが、タンクのレバーや止水栓などが劣化することによって便器に水が漏れていることもあります。

便器内への水漏れの場合、気付きにくいことが特徴で、ほんの少しだけ水が漏れている状態だとなかなか気づくことができません。ある日、何気なく流した後の水のとまりが悪いことや用を足す前にレバー操作をしていないのに水がほんの少し流れているのを目にして、初めて気づく人が多い症状です。トイレタンクから便器への水漏れの原因の多くが、経年劣化です。

タンク内の部品は、常に水と接しているので耐久性が高く丈夫な素材で作られていますが、10年前後からは劣化や故障が多くなってきます。便器内に水が流れていても、周辺が濡れてしまうことが無いため気付きにくいのですが、流れているのは少しであっても一日中、毎日となるとかなりの量の水が無駄になってしまい、水道代もかかるため早めに気づいて修理をすることをおすすめします。

修理が必要なトイレタンクの水漏れには、レバーや給水管、タンク本体など外側の部分の時もありますが、内側からもあるということを覚えておき、10年前後になったら修理が必要かどうかを点検してもらうと安心です。劣化の時期を迎えたら早めに止水栓やチェーン、レバーを交換しておくと、費用も安く、安心して使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *