トイレの水漏れは自力で修理出来る場合もある

トイレで良くあるトラブルとして挙げられるのは、水漏れとつまりです。

特に、トイレの水漏れは様々な場所から生じる可能性があり、早めに修理しておく必要がある場合が多く、元栓を閉めた上で施工会社に連絡を入れて修理してもらうのが良い方法であると言えます。中でも近頃は温水洗浄便座を設置している住宅が増え、そして便器の方も節水出来るタイプなど色々な種類の便器が登場し、複雑な構造になっているので自力で修理することが可能なトラブルは少なくなってきているのが実情です。ところが、そのような状況の中でもトイレが水漏れする修理を施工会社を呼ばずに、自力で行える場合もあります。

自力で直すことが出来るトイレの水漏れは、タンクの中から便器に水が少しずつ流れ出ている場合です。便器に水漏れするトラブルは、トイレが水浸しになるような故障ではないですが、いつも水が流出することによって水道代が非常に高くなってしまうため、なるべく早めに修理することが必要になります。

この便器に水が少しずつ流出する故障のほとんどが、タンクの中にある便座に流れる水を調整するゴムフロートが劣化したために起こる現象です。ゴムフロートが劣化すると、手で触れたときに真っ黒に汚れてしまうほどゴムが脆くなっていて、このことにより完全に水の流出口を閉じる機能が衰えてしまっています。ゴムフロートは非常に消耗しやすく、ゴムフロートが劣化するトラブルは非常に多いです。この場合は、ホームセンターでゴムフロートを買って自力で取り替えるとトラブルを解消出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *