トイレが水漏れするのを修理する方法

トイレを利用したら、水を流しますが、通常であれば水で排泄物を流して、しばらく経つと完全に流れが停止します。

ところが、この水流れが止まらずに、少しずつ水がいつまでも流れている場合は問題です。タンクの水がずっと流れ続けている状態なので、無駄な水道料金が発生してしまいます。こうなってしまう理由はトイレが水漏れを引き起こしている可能性があるため、すぐに修理することが必要です。修理をするためには、どの部分で水漏れが起きているのかを、まず突き止める必要があります。ほとんどの場合は、水を溜めるタンクの可動する部分が原因です。

つまみを回すと水が一気に流れていきますが、それが完全に元に戻らないことによって水が少しずつ流れている状態になっています。このような問題を解消するためには、タンクのフタを開け、内部にある可動部分をチェックし、ゴムフロートを利用している部分を探すことが必要です。ほとんどの場合は、ゴムフロートが劣化していることが水漏れの原因となっています。

ゴムフロートを新品に交換すると、トイレの水漏れが少なければ修理することが可能です。新品のゴムフロートに関しては、ホームセンターの部品コーナーに出向くと見つけられます。値段は決して高いものではないので、また水が漏れてきたときに備えて幾つか予備を購入しておくのも良い方法の1つです。ただし新品に交換しても、故障が直らない場合もあります。そうすると自力で直すのは困難なので、トイレなど水道設備の修理を特化して行なっている施工会社に依頼した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *